BUFFALO ノックスライド式 USB3.1(Gen1)/USB3.0対応 高速USBメモリー 16GB チタンシルバー RUF3-HKS16G-TS

商品リンク:BUFFALO ノックスライド式 USB3.1(Gen1)/USB3.0対応 高速USBメモリー 16GB チタンシルバー RUF3-HKS16G-TS


星3つ
sub:使い手を選ぶとは思いますが・・・

とりあえず、計測値等をザクッと紹介、詳細な数値は添付画像を参照してくださいor他の方も出ているのでそちらでもOKデス!

Windows(Home 64bit CrystalDiskMark 5.1.2)
USB3.1接続 Read:323.6MB/s、Write:54.1MB/s
USB3.0接続 Read:235.2MB/s、Write:56.15MB/s
USB2.0接続 Read:37.33MB/s、Write:29.38MB/s

Mac(OS X 10.11.6 BlackmagicDiskSpeedTest Ver2.2.2)
USB3.0接続 Read:322.3MB/s、Write:50.1MB/s
USB2.0接続 Read:27.7MB/s、Write:19.0MB/s

単価:187.5円/GB
(例:一般的なUBS3.016GBメモリ価格 1000円前後 62.5円/GB)

リードに特化はしているものの、性能的には申し分なく出ていると言っていいです。
ライトに関しては特にこれだから優秀という数値ではないです。よくある性能と言っていいかと思います。
つまり、このUSBメモリを活かすパターンとしては、大量にリードが発生する場合のみです。
利用パターンとしてどれだけある不明です。また、そのレアな利用パターンに価格としてはおよそ3倍程度(2016年8月頃しらべ)となると
真の意味で有効利用できる方は少ないかと思います。
ただ、USBメモリとしてダメというわけではないです。活かせるとなるとやや難しいかな?といったところです。
このスペックであれば、文書レベルではオーバースペックとなり、大きめのプレゼン使用や、動画・写真などであれば最適かと思います。
プレゼンや動画・写真であれば、読みの方がUSBメモリを使用した場合は重要かとおもいます。

総評としては、性能的に文句はないが、通常の3倍出すか?といえば微妙です。
昨今、お安いUSB3.0メモリでもリード100MB/sでるものも少なからず存在するので、こだわりがなければ、その他のUSBメモリを3個買って色々と使い分けたり、1個で容量アップした方が、有効かと思います。性能は星4つ、価格は星2つで、評価としては星3つ普通レベルです。
試みとしてはおもしいプロダクトかと思いますので、触れてみるのもありかと思います。

レビューで触れていませんが、ラッチ式は特筆すべきことがなく、軽い仕上がりです。
ただUSBを抜く際に押していまいます。そのまま収納する場合はいいですが、次に差し替える場合はイラッとしますね。

少ないですが、開封時の写真等をできるだけ掲載しておきます。参考になれば幸いです。


最後に蛇足、基本的にスルーしてください。
メーカーサイトでは最速400MB/sリードとなっているが、条件がレアすぎる Windows8.1の旧型機、CrystalDiskMarkも古めの3.0で、TurboPC EXを使用って
USBメモリなので、使用環境はさまざまですので、事実上400MB/sってのは無理ですね(興味があるかたはメーカーサイトを見てください)
SSD、HDDやGPU、CPU、メモリなどであれば条件を決めた性能数値はいいけど、USBメモリはフレキシブルに使うものなので、条件を絞って出した数値にはあまり参考にならない。と個人的には思います。出先で、使用するパソコンに上記の条件がマッチすることがあるのか?ってところですね(まずありえない)
























BUFFALO ノックスライド式 USB3.1(Gen1)/USB3.0対応 高速USBメモリー 16GB チタンシルバー RUF3-HKS16G-TS

0 件のコメント :

コメントを投稿